translate:

【生き物】ふさふさを超えたふさふさ。思った以上に毛むくじゃらな生物


1:

ライオンヘッドラビット

ペットショップによってライオンヘッドとかライオンラビットとか呼称が微妙に違うが、立派なたてがみがチャームポイントという売り文句はどこも共通している。ウサギのペットしては割とメジャーな品種だそうです。


2:

フランネルモス

蛾の一種。上が幼虫で、下が成虫。つまり子供のころから毛むくじゃら。毛虫の時、毛の中に隠し持っている毒針は、病院送りにすることがあるほど強力なもの。モフモフしたくて触ると痛い目に合う。



3:

ハムスター


4:

キワ・ヒルスタ(Yeti Crab)

キワ・ヒルスタともイエティクラブとも呼ぶ蟹。ヒルスタは毛むくじゃら、イエティは雪男の意味で、どちらの名も特徴的な毛を連想させる名前がつけられた。2005年に新発見されたという、つい最近確認された生き物。


5:

カクレガメ

みどりのモヒカンは海草。オーストラリアにのみ生息する絶滅の危機にあるカメ。ヘッドだけではなく甲羅も草だらけなパターンがある。


6:

セキセイインコ(フェザーダスター)

遺伝的欠陥により羽毛が通常以上に伸びてしまうインコ。そうした障害を持った子をフェザーダスターと呼ぶようになったそうです。定期的にトリミングを必要とする上、産まれてから一年も生きることが出来ません。


7:

ハト

8:

芋虫(おそらくカイコ)


9:

ニワトリ

10:

マヌルネコ

高地に生息するモコモコしたヤマネコ。かわいい~(^∀^)と思っても飼うのは難しいっていうか絶滅危惧種だから。無理デス残念デス。



この猫の狩りのスタンスは待ち伏せハンターで、ほら穴等に隠れて獲物を虎視眈々と狙うというもの。動画では狩りの最中なのか、猫が辺りの様子をうかがっているところから、あるものを調べ始める一部始終を超至近距離から観察することが出来る。

(おわり)

0 コメント:

コメントを投稿

More:

カテゴリ

景色 (57) 動物 (54) アート (31) おもしろい (21) 生き物 (19) かわいい (17) (17) 建造物 (14) 人物 (11) (10) (7) 自然 (7) 旅行 (6) 美しい (6) 廃墟 (5) 歴史 (5) (5) イラスト (4) ファッション系 (4) 聖書の世界 (4) 食べ物 (4) おもちゃ (3) インテリア (3) 動画 (3) 天体 (3) 季節 (3) 宇宙 (3) (3) (3) 都市 (3) かっこいい (2) 太陽 (2) (2) 植物 (2) (2) 両爬 (1) 地球 (1) (1) 洞窟 (1)

ブログ アーカイブ