translate:

【聖書の世界】破滅したソドムとゴモラの都市が沈んでるとされる死海

”ソドムとゴモラ”という言葉はワンピースにも出てくるし世間的にもなかなか有名かと思います。
ワンピではキャラクター名でしたが、元ネタになった聖書では都市の名前で出てきます。

ソドムとゴモラにまつわる聖書の話はこんな感じ:
西暦前1900年頃。
アブラハムと共に旅を続けていた甥のロトは、増えすぎた財産の管理が難しくなったため、アブラハムと別行動を取るようになります。そこでロトはソドムという都市の近くに居を構えることにしました。(創世記13章5~13節

しかしこの都市とその近くにあるゴモラには、良い人が10人もいないどころか悪い人だらけです。そのためロトが暮らし始めてから何年か経った後、ついに神様の堪忍袋の緒が切れてしまいました。ソドムとゴモラを滅ぼすことが決定されます。(創世記18章20~33節

「パワーをメテオにっ!!」

ロトのことを滅びに巻き込まないよう天使に連れ出させ、ソドムとゴモラには天から火と硫黄を雨のように降らせてぶっ潰します。ついでにロトの妻は、この時天使の言う事に逆らってみたら塩の柱になって死にました。(創世記19章1~26節


この2つの都市は当然現代には存在しないのですが、大体死海の南のほうで沈んでんだろ?という意見が根強いようです。

今死海と言えば観光名所で景色の美しい地域となっていますが、4000年くらい前に同じ場所でこの世の終わりみたいな景色があったかもしれないと考えると、ロマンチストにとってはあっ!こりゃたまらんよだれズビッ!
ですね

(1) Doron Nissim氏による現代の死海の光景


(2) 聖書の中では死海ではなく塩の海と呼ばれている(創世記14章3節)


(3) 塩の海という呼称にふさわしく、塩分濃度が極めて高い

白いのは塩の結晶


(4) 塩カライー

ほんとに舐めると辛いではなく痛いと感じるようです


(5)


(6) そのためこうした塩の結晶が自然に出来上がる


(7)


(8) 人の体が簡単に浮きます

塩水の重さが人間の重さより重いためです。
頭は上げましょう。
粘膜系に死海の水が入ると塩が濃すぎて危険なためです。


(9) 死海はヨルダン川の終点に位置しています

死海に水の出口は無く、海にもつながっていません。
死海の塩分は、この辺りの地盤に含まれている塩分が溶けだしたもののようです。


(10) 上の画像の場所を少し引いて撮影したもの


(11) 川魚が死海に迷い込むと死にます

塩分濃度が高すぎるため、淡水魚はおろか、海の生物もここでは生きられません。
人間も例外ではなく、死海にもぐり続けると死にます


(12) 大きさは香川県の半分くらい

940㎢
生き物が生息できないから死海、塩分が濃いから塩の海と呼ばれていますが・・・。
この大きさでも湖とは呼ばないのです。


(13)

(おわり)

0 コメント:

コメントを投稿

More:

カテゴリ

景色 (57) 動物 (54) アート (31) おもしろい (21) 生き物 (19) かわいい (17) (17) 建造物 (14) 人物 (11) (10) (7) 自然 (7) 旅行 (6) 美しい (6) 廃墟 (5) 歴史 (5) (5) イラスト (4) ファッション系 (4) 聖書の世界 (4) 食べ物 (4) おもちゃ (3) インテリア (3) 動画 (3) 天体 (3) 季節 (3) 宇宙 (3) (3) (3) 都市 (3) かっこいい (2) 太陽 (2) (2) 植物 (2) (2) 両爬 (1) 地球 (1) (1) 洞窟 (1)

ブログ アーカイブ